ESG・SDGsと企業経営

マルハニチロ 日本初のブルーボンドを発行 海洋保護の姿勢を明示

  大手漁業会社のマルハニチロが日本で初めて海洋保護を目的にした無担保社債を発行します。ESG・SDGsの考えに沿った社債の一つで、ブルーボンドと呼ばれ、マルハニチロはESGの趣旨に従った経営戦略を説明するため、「ブルーファイナンス・フレームワーク」を作成しました。この経営戦略は国際資本市場協会などの規定に適合させており、格付投資情報センターの評価も得ています。ESGやSDGsを唱えた資金調達が盛んになっていますが、国際的なガイドラインに適合しながらより具体的な趣旨の社債が増えれば、健全な市場の拡大が期待できそうです。

ブルーボンドはまだ実績が少ない

 マルハニチロはかつて世界の海に漁船や捕鯨船を送り出した大洋漁業とニチロが合併した会社だけに、海洋資源の保護は自らの経営の継続性に直結します。2022年3月に発表した中期経営計画でも、地球環境の課題に真正面から取り組み、気候変動、水産資源の減少 、取引企業などの人権リスクを認識しながら、「環境価値や社会価値の最大化を目指す」と強調しています。

 ESGやSDGsに関連した社債は環境保護、社会課題などの解決に向けて分類されますが、ブルーボンドは海洋資源の保護を主目的にしており、発行実績はまだ少ないそうです。

 日本の漁業会社は鯨、マグロなどを追い、世界の漁場に漁船団を送り出しています。しかし、中国はじめ世界の国々も魚を食べる習慣が広がり、地球の漁業資源は奪い合いとなっています。この結果、魚価も高騰し始めており、日本の漁業会社が他国と競って結局は輸入できない「買い負け」も目立ってきました。

養殖や加工など技術開発に資金

 これまでも世界各地で養殖資源に取り組んできただけに、日本が蓄えた養殖技術や漁獲手法は世界を先行してきましたが、世界各国との協力事業が増え、資金力にも余力が求められてきています。

 マルハニチロは世界でナンバーワンの会社の地位を維持するためにも、技術開発や加工生産などに先行投資する必要があると判断、ブルーボンドの発行を決めたとしています。

マルハニチロの「ブルーファイナンスフレームワーク」を詳しく説明しています。

https://www.maruha-nichiro.co.jp/corporate/ir/stock/bond/pdf/blue_finance_framework.pdf

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事
Eco*Ten
  1. 再開発は誰が決める 渋谷・六本木をコピペした明治神宮外苑は都民の財産か イコモスが見直しを

  2. カーボンゼロを目指すJERAの不思議 新エネの旗手なのか、化石燃料の隠れ蓑なのか

  3. 西武鉄道 再エネで全路線を運行 終着駅は地産地消型のエネライフでカーボンニュートラル

  4. 後発薬品だからって不正もゾロゾロは許されない 沢井製薬、日医工、小林化工

  5. 公共リサイクルボックスの挑戦を ゴミ箱と並べリサイクルを根底から考えるアイコンに

  6. 排出権取引市場が開設 あまりにも遅い試みは、世界から取り残された日本を映し出す

  7. EUが「エコ」を厳密管理 安易な広告表示は禁止 企業は化粧せず素顔で地球環境を語れるか

  8. 国連「気候サミット」日本は発言機会与えられず 見透かされた地球環境の本気度

  9. ジャニーズ、ビッグモーターなど不祥事企業の第三者委員会、信頼性を支えるのは情報公開と内部告発など

  10. バブル以前に終わる日本のESG・SDGsバブル 体面を重んる薄ぺらな化粧はすぐに剥げ落ちる

  1. Eco*ユニコーン創生 株式上場益の2倍相当を無利子で10年融資、脱炭素のブレイクスルーへ

  2. JFE 高炉から電炉へ 脱炭素の覚悟 過去の栄光と葛藤の末に Eco*Ten 6・5点

  3. 政府、原発推進へ大転換 及び腰から本腰へ 本気度をEco*Ten 10点満点の3・5点

  4. 気候変動ランキング① CCPI 日本は59ケ国+EUのうち50位 政策の具体性と実現に低い評価

  5. スズキEco*Ten(上)伸び代はいっぱいですが、実行と成果はこれから

  6. 日揮 スシローなどとSAF生産、ESG・SDGsが背中を押した驚きの提携

  7. キーエンス Eco*Ten は10点満点の6・5点 環境は身の丈に合わせて努力

  8. ダボス会議 悲喜劇の舞台に形骸化、そろそろ賞味期限切れが迫っている

  9. ディスコ Eco*Ten 10満点の8・0点 SDGsの総花的な贅肉を削ぎ、強い分野をより研磨する

  10. 経産省が国交省を行政指導する日は近い?! 企業の人権侵害の手引き公表

月別のアーカイブはこちら

カテゴリー

明治神宮外苑から信濃町へ

TOP