Eco*nomy

星野リゾートがグリーンファイナンス、環境関連の資金調達のチェック度は?

 星野リゾートがグリーンファイナンスを発表しました。環境格付けに基づいて金融機関から資金を借り入れ、環境に配慮したホテルや旅館に活用します。ESGやSDGs、環境を切り口にさまざまな資金調達手法がありますが、星野リゾートがグリーンファイナンスを通じてどんなことをするのだろう。そんな視点から資料を眺めながら、素朴な疑問をチェックしてみました。

グリーンローンで12億円あまりを調達

 資金調達するのは星野リゾート・リート投資法人。10月24日に公表した資料によると、既存の借入金借換えが目的で41億2000万円を調達しており、このうち12億2000万円をグリーンローンとして設定しています。

 グリーンローンとは星野リゾート・リート投資法人が設定しているグリーンファイナンス・フレームワークに基づいて実行される融資です。このフレームワークは日本格付研究所の審査を受けて総合評価で最上位の「Green1(F)」を得ており、星野リゾートは資金調達する際、金融機関に対する信用の裏付けとして活用。金融機関も星野リゾート・リート投資法人のフレームをチェックしてグリーンローンとして融資決定する手順を踏むそうです。

対象は適格要件を満たした8件

 グリーンローンとして融資を受けた資金は、星野リゾートの物件ならどれにでも利用できるわけではありません。投資法人が設定したグリーンファイナンス・フレームに適格する8件が対象になります。具体的には「界 鬼怒川」「クインテッサホテル大阪心斎橋」「界 アルプス(フロント棟)」「BEB5軽井沢」「界 加賀(新館)」「カンデオホテルズ佐野」「星のや軽井沢(ハルニレテラス)」「ANAクラウンプラザホテル広島」。

 今回資金調達した12億2000万円は約178億円で取得した「ANAクラウンプラザホテル広島」の当初借り入れのリファイナンスに全額活用するそうです。このホテルは適格要件を満たしているものの、他の物件よりは低い評価となっており、今回のリファイナンスを通じて評価を上げる努力が続くわけです。

生ゴミの堆肥化、ポンプボトルへの切り替えなどをチェック

 グリーンファイナンスの適格要件は予想以上に詳細です。融資を受けた物件に関するレポートは実施状況を説明するのは当然としても、その項目には改修前と改修後のエネルギー・水の使用量、再生可能エネルギーを利用した発電量・CO2削減量、生ゴミの堆肥化、シャンプーなどを固形石鹸からポンプボトルへの切り替え、歯ブラシのリサイクル本数などが設定されています。これらの実施状況は決算時にネット上で公開されるのも必須条件です。

 ESG・SDGs、環境などを謳った資金調達方法が多様化しています。関心の高い地球環境保護が軸になるだけに、調達金額は増える一方です。ただ、その資金の行方が一般の人にはよく見えません。内実は金融機関と融資先が納得していれば良いということになれば、かつてのリーマンションを招いた経験が全く生きません。

詳細な実施状況がネットで公開、多くの目で評価

 グリーンファイナンスという名の下に実施された資金調達の案件について決算時にきめ細かく公開されるのは、ホテル・宿などの利用者にとっても、企業経営のチェックにとても有効です。ネットなどを通じて企業の環境経営がいかに実践されているかの情報が増えれば、金融機関以外の多くの目でその環境経営が比較・評価され、底上げに大きく貢献できます。

 星野リゾート・リート投資法人はホームページで「グリーンファイナンス・フレーム」について説明しています。次のアドレスを参照してみてください。

https://www.hoshinoresorts-reit.com/ja/sustainability/finance.html

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事
Eco*Ten
  1. 環境省 霞ヶ関の病に侵され、水俣の声が聞こえず Eco*Ten 零点 

  2. Wework、ビッグモーター、WECARS さて問題です、グッドカンパニーはどれ?

  3. 三井不動産「街と人の外苑」よりも「明治神宮の内苑」を最優先

  4. 女性の「ガラスの天井」は世界第3位 大企業と中小企業、東京と地方の格差が足かせに

  5. 再生ファンドの主宰者が学校経営 尻すぼみのESG・SDGs投資を活性化する試金石になるかも

  6. フランスの「助け合い商店」 貧富の格差を住民同士が互いに補完

  7. 缶チューハイが企業の倫理観を試す 利益に酔えない商品開発、マーケティング

  8. SOMPO 櫻田会長・辞任 経営の信用を補償する保険はない

  9. 1強ゆえの傲慢が生んだ経営の歪み、エネオス経営トップが連続で女性へのハラスメントで辞職

  10. 街は創るものなのか、創られるものなのか 三井不動産の「宮下公園」が教える足りないもの

  1. ESGと経営戦略①マクセル が全固体電池の先駆に エネルギーのスマホ化を加速

  2. キーエンス Eco*Ten は10点満点の6・5点 環境は身の丈に合わせて努力

  3. Eco*ユニコーン創生 株式上場益の2倍相当を無利子で10年融資、脱炭素のブレイクスルーへ

  4. 政府、原発推進へ大転換 及び腰から本腰へ 本気度をEco*Ten 10点満点の3・5点

  5. 経産省が国交省を行政指導する日は近い?! 企業の人権侵害の手引き公表

  6. スズキEco*Ten(上)伸び代はいっぱいですが、実行と成果はこれから

  7. 気候変動ランキング① CCPI 日本は59ケ国+EUのうち50位 政策の具体性と実現に低い評価

  8. ディスコ Eco*Ten 10満点の8・0点 SDGsの総花的な贅肉を削ぎ、強い分野をより研磨する

  9. JFE 高炉から電炉へ 脱炭素の覚悟 過去の栄光と葛藤の末に Eco*Ten 6・5点

  10. ダボス会議 悲喜劇の舞台に形骸化、そろそろ賞味期限切れが迫っている

月別のアーカイブはこちら

カテゴリー

明治神宮外苑から信濃町へ

TOP