ESG・SDGsと企業経営

アミューズ 音楽・エンターテイメントから地方創生に挑む 音楽はいつも地域と共に

 大手エンターテインメントのアミューズが富士山麓を舞台に地方創生プロジェクトに取り組みます。6月末に公表した中期計画によると、「世界と日本を繋ぐオリジナルコンテンツの創造」を次の目標に掲げ、4つの領域を提示しました。「アーティスト」「クリエーター」「デジタル」に続く3つについては、エンターテイメント会社らしいと納得しましたが、4番目に提案したのが「ライフカルチャー」。地域・文化・体験を新しい事業の軸に据えたのには、驚きました。言い換えれば、地方創生への注力です。

富士山麓を舞台に挑戦

 アミューズといえば、サザンオールスターズ、福山雅治、パフュームなど国内外で大人気のミュージシャン、テレビや舞台で大活躍する俳優やタレントを抱える大プロダクションと理解していました。そのエンターテイメント会社がどう地方と関わりあうのか。地方に人を集めるためには国内外から注目を集める話題性が欠かせません。アミューズなら、ミュージシャンらのSNSなどを通じて情報を拡散する力に不足はありません。なるほどと驚いたのは私ぐらいかもしれませんが、とても興味深いのでアミューズの中期計画をのぞいてみました。

アドベンチャーで集客

 アミューズの地方創生は、「アドベンチャーツーリズム」を軸に考えているようです。同社によると、世界のアドベンチャーツーリズム市場は2021年から2030年までの9年間で100倍近くも膨らむと予想されおり、年間の平均成長率は28・8%と3割近い大幅なものです。

 日本に限らずコロナ禍の収束を受けて、世界の消費行動は再び勢いづいていますが、これまでのようにモノを購入することよりも、自然の中でさまざまな体験に挑戦する行動が重視されているとみています。1990年代、エコツーリズムという言葉が盛んに流行しました。有名観光地を巡るだけの旅行から、自ら体験したいスポーツ、学習したテーマに取り組むことが心身をリフレッシュするという考えです。コロナ禍後の価値観の転換を受けて2020年代の「エコツーリズム」はどう進化していくのでしょうか。日本はじめ世界各国の政府が積極的に観光に注力しているだけに、アミューズも自然環境を舞台にしたアウトドアツーリズムは伸びる可能性が高いと判断しています。

 第一弾はアミューズが本社を構える富士山麓エリアにまず拠点に据えます。エンターテインメント会社ならではのアイデアと資産を使い、宿泊・ショップ、飲食などの施設、地域の魅力を生み出すアドベンチャー、イベント、プライベート・ブランド商品の開発などに力を入れる計画です。

富士山は日本を代表する最強ブランド

 富士山は世界の観光客から日本を代表する観光ブランドとして高い人気を集めていますが、地方創生を狙った集客力でも期待できる地域ブランドです。地域の歴史、人、食材、文化などを一体化するとともに、アミューズならではのアイデアを加えてオリジナルコンテンツを創案。これを国内外に発信して、日本を訪れる外国人観光客らを富士山麓エリアに引き寄せる狙いです。

 アミューズの事業計画をみると、「地域総合プロデュース」「アクティビティコンテンツ開発」「テーマパーク、観光・宿泊・飲食」の3分野を設定して、この組み合わせで事業創造する考えです。5年計画で事業として足固めするとしています。すでにキャンプ場を設定し、体験型アドベンチャー として「ナイトウォーク~クライの森と6つの星~」を実施し、ノウハウを蓄えています。

全国各地のコンサートなどでノウハウは十分に

 アドベンチャーツーリズムといえば、新たな事業創造と思われますが、全国各地でコンサートを展開するエンターテイメント会社にとっては手慣れたものでしょう。例えばサザンオールスターズが2023年9月に神奈川県の茅ヶ崎で10年ぶりのコンサートを開催します。茅ヶ崎はサザンの歌の舞台で、”故郷”です。サザンがコンサートすれば、全国からファンが押し寄せ、宿泊、飲食、交通機関など地域経済に大きな貢献が見込まれます。

 富士山麓を舞台にアミューズがこれまでコンサートなど培ったイベントの経験にアウトドアのノウハウも加え、抱える人気アーティストを軸にしたエンターテインメントを展開すれば、山梨、静岡以外の県や都市にも波及効果が広がります。かなり強力なコンテンツが創造できるでしょう。事業の推移が楽しみです。

アミューズの中期経営計画はこちらから

https://ssl4.eir-parts.net/doc/4301/tdnet/2302718/00.pdf

最近の記事
Eco*Ten
  1. 気候変動ランキング⑤エネルギー利用の効率 日本は33位 優れた省エネは過去の栄光 2030年に向けて努力を

  2. Eco*ユニコーン創生 政治・経済の混乱期に生まれる 今が「その時」

  3. ESG・SDGsとマネー① 新しいルール作りはオープンソースと翻訳能力を忘れずに

  4. Eco*Ten を商標登録 だれもがわかる環境経営の指標をめざします

  5. ESG投資は「ファクトフルネス」に耐えられるのか アルケゴスの幻影がちらつく

  6. 炭素税見送りの代償は大きい 日本のエネ改革も見送り、エネ安保も見送り

  7. ESGと経営戦略 日東電工 ニッチトップでESGトップ企業へ意欲満々!?

  8. EUが「エコ」を厳密管理 安易な広告表示は禁止 企業は化粧せず素顔で地球環境を語れるか

  9. ユーグレナ ミドリムシからSAF育てる ブレない経営、日本の潜在力を引き出す

  10. 気候変動ランキング① CCPI 日本は59ケ国+EUのうち50位 政策の具体性と実現に低い評価

  1. ディスコ Eco*Ten 10満点の8・0点 SDGsの総花的な贅肉を削ぎ、強い分野をより研磨する

  2. Eco*ユニコーン創生 株式上場益の2倍相当を無利子で10年融資、脱炭素のブレイクスルーへ

  3. 日揮 スシローなどとSAF生産、ESG・SDGsが背中を押した驚きの提携

  4. キーエンス Eco*Ten は10点満点の6・5点 環境は身の丈に合わせて努力

  5. スズキEco*Ten(上)伸び代はいっぱいですが、実行と成果はこれから

  6. JFE 高炉から電炉へ 脱炭素の覚悟 過去の栄光と葛藤の末に Eco*Ten 6・5点

  7. ESGと経営戦略①マクセル が全固体電池の先駆に エネルギーのスマホ化を加速

  8. 政府、原発推進へ大転換 及び腰から本腰へ 本気度をEco*Ten 10点満点の3・5点

  9. ダボス会議 悲喜劇の舞台に形骸化、そろそろ賞味期限切れが迫っている

  10. 経産省が国交省を行政指導する日は近い?! 企業の人権侵害の手引き公表

TOP